リーダーの条件

なぜモテる人は出世しやすいのか?

おはようございます
虎徹です

さあ今日もモテる人は仕事ができる!ということでその共通点を模索していきたいと思います

仕事ができる人って言ってもそうでない人と紙一重のとこってたくさんあるなって思うんですね

これってモテる人もそう
単純にかっこいいからモテるとかお金あるからモテるならとてもシンプルなわけです

動画の方がスラスラ入ってくる人は自分のアップグレードとしてこの動画からどうぞ

でも実際はなんでこの人が?!って人が実はすっごいモテモテって場合結構あるじゃない
で、こういうとこを分解して誰でも活用できるようにしようって魂胆なんです

僕が思うにとーってもたくさん共通点があるわけですがここでは4人くらいで話している空間について考えてみたいと思います

ここから紹介する行動などはすべて出世する人とモテる人の共通点だと思ってください
この共通点を持つ人のことを今後『イケてる人』としてまとめて書きたいと思います

まず最初に言えることは話す量
イケてる人は必要以上には話しません

一見すごいおしゃべりぽかったりさんまさんのように中心になっているようでいて言葉は最小限なんです
むしろ周囲の人が話しやすいそんな場を演出していることが多い

誰がどのくらい話してるか、みんながちゃんと会話に参加しているか
そんなことまで無意識のうちに気を配りながら会話に乗り遅れてる人がいたらごく自然にその人に話をhtたりするわけです

そもそもコミュニケーションは言葉のキャッチボール
一方的に話すなんてことは講演やテレビでもない限り本来は成立しないよね

イケてない人はこの辺りに無頓着
自分が話出したら周りが見えない
人の話を遮って自分の話をする

それ自体で周りに嫌われるとかそんなレベルの話じゃないんだよね

空間把握力の低さはダイレクトに仕事力の低さと認識される
空間把握ができないと周囲の人たちが楽しんでいるのかつまらないのかが判断できない

こんな状態だとそりゃあモテるわけないでしょ

じゃあどうしたらいいのか

最初のとレーニングとしては人の話を『聴く』ことがオススメ

聴くと言っても質問するって意味ではなくて相手が話始めたら絶対に遮らないこととその話自体を興味を持って聴くこと

仕事も恋愛も人対人には変わらない

人は自分に興味を持ってくれる人に好意をもつ

下心は別ダヨオニーサン、ソウイウ意味ジャナイヨ

人は鏡

相手に好意を持って欲しかったら自分がまず好意を持つこと
行為は興味を持ってくれるところから始まる
つまり相手に自分から興味を持つことから始まる

すごくシンプルですよね?

あなたのことに興味がないって人に好感持ったりします?
ないよねー

これが言葉のキャッチボールの中では相手の話に興味を持つってこと

話してない人がいれば話してない人の希少な発言に興味を持つってこと
単に司会進行をやってるんじゃないんだよ

こうやってたくさん話してる人にもあまり話をしてない人にも個々人に向けた興味から湧き出てくる話の振り方ができる人ってすごい素敵じゃないですか?

そんな人が職場にいたらすごい出世しそうでしょ
コンパだったらやぱり人気者になっちゃう

顔より性格とか外見より中身とかっていうけどそれってどうやって判断すんの?
結局はコミュニケーションという言葉のキャッチボールから始まるんだよね

ボクは大阪人だから物心ついた時から会話の中にオチがついていることが標準装備な世界でいきてきました
オチがなく話が長いとよく突っ込まれたものです汗

なので自分の話を面白くすることに焦点がいきがちなんですね

経営する整体院でも先輩スタッフが新人さんに対して
「なんでもいいからとにかくゲストと会話してきなさい」
なんてシーンがあります

大概においてこういう場合の新人さんの課題は一緒です
「何を話したらいいのかわかりません」

いやいやいや講談師じゃないんだから何を話すかじゃないんだよ

その段階で話の上手い下手以前の問題として興味が相手ではなく自分にあることに気づいて欲しいわけ

相手に興味ありません
自分が何を話したらいいのかに興味があります

言い換えたらこんな感じになるんですね
ほら、こんな気持ちならわざわざ話しかけてくれなくて結構ってなりません?

はいちょっとまとめに入りますよ〜

出世する人もモテ期到来してる人もイケてる人ってことでは同じ
イケてる人の在り方としては近くにいる人に興味を持っている
自分のことばかり考えてるのではなくて関わる人の事に興味がある
イケてる人のやり方は相手の話を遮らずに最後まで興味を持って聴く
話していない人がいれば自然にその人に話を降る
何を話すかを考えているのではなくこの人は何を話してくれるんだろうという目線を持っている

いかがでしょうか

ボクは経営する整体院の採用面接の時にこんな人をなるべく採用したいっていう3つのジャンルがあります

体育会系・ヤンキー・モテる人

なんでモテる人を採用したいのかってのが見えたのではないでしょうか
お、気づいた人いますね〜

そうなんです
経営者としては出世する人を採用したいですよね

モテる人はわかったけど体育会系・・はなんとなくわかるけどヤンキー?
なんのこっちゃ?
はーい、次回はその体育会系とヤンキーについて

という事でこの続きをソッコーで読みたい人はこちら!!

飲み会に行くと出世できない@社長の私がこっそり教える3つの理由どうも、虎徹です 今日は飲み会に行くと出世できないというなんとも残酷なテーマで書き下ろしたいと思います 先に断っておきますが...
食事の席で好印象をゲットする食事の席では社会人はどんなところで判断されているのか。 出世に関わる内容です。 起業家、サラリーマン必見です...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です