MUPレッスン

時間活用術上級編〜初級者は読まないでください〜

限られた時間を質の高い過ごし方にするための具体的スキル

どうも虎徹社長です。
前回の記事ではスケジューリングはスケジュールではなく行動目標も兼ねているという事について書きました。

あのスケジューリングを使えばもうあとはどんどん自分の知識やスキルが上がっていくだけです。
前回から復習したい人はこちらから読んでね。

こんな時間の使い方があったのか!?スキルアップに必要な事 こんな時間の使い方があったのか?!本当にスキルアップする活用術とは? どうも、虎徹社長です。 今日は自己...

さて今回はさらに時間の使い方の質を高めていこうという欲張りな人向けになっています。
人の何倍も早いスピードでスキルアップしたい人用の記事。

どうぞ〜。

時間には2種類ある

言わずと知れず、時間には生産時間と非生産時間があります。

モテ期到来の出世学を極めているような人はみんな自分の時間を生産時間で埋める事に成功しています。

その為にすることは至ってシンプル。
常に今この瞬間を自分に問いかける。

「今、何かを生み出しているのか?」
「今、何かを得ているのか?」
どの瞬間にもイエスと答えれるそんな生き方をする。

窮屈そう?
それはしたことない人の偏った意見。

金メダリストのルーティンも普通の人には窮屈に見える。
だけどやっている本人は習慣になっているからどうってことないです。

早朝ランニングも夜の英会話も全部同じ原理。

一度会った人には必ずSNSで繋がる

未だに名刺交換からメールと電話だけでやりとりしようとする人が多い事にびっくり。
昭和の繋がりをいつまで引きずるねん。

今は令和。

メールや電話はその時だけしか相手に思い出してもらえない。

そんな繋がり何百何千持ったって弱い。

そうではなくSNSで繋がり連絡とってない間も近況や考え方の発信を続ける事で関係性ができる

会ってもないのにSNSの発信だけの関係性って弱いだろ?

何言ってんすか。
ザイオンス効果はご存知ですか。

人はシンプルに単純接触回数の多い人に好意をもつ。

SNSで発信を続けてる人は人と久しぶりに会った時にいつもこう言われる。

「全然久しぶりな気がしないです。いつも見てますし。」

あなたにも好きなYouTuberの一人や二人くらいはいると思います。
会う機会が訪れたとしてこういうのではないでしょうか。

「初めまして、、な気は全然しません」

さあ名刺を破り捨てて今この瞬間から出会う人とはSNSで繋がろう。
そして意図的にSNSを発信しよう。

学んだことをブログやYouTubeにアップ

これが現代の最強のツールと言えるのではないでしょうか。
これまで復習といえば机に向かい誰の目にも触れることなく自分用のノートや本に書きなぐるものでした。

ですが昔も今も変わらないことがあります。

誰かが今日学んだそのコンテンツは他の誰かの学びになる。

これはある意味革命です。
まあ情報ビッグバン革命からの流れなので当たり前ですが。

これを自分には関係ないとかIT関係の人たちのものと思っちゃあいけない。

どのみち僕たちは全員オンライン系へのビジネスに強制移行させられます。
今やオンラインと切り離してやろうとする方が難しい。

この流れを掴むのです。

どれだけ水泳の練習をして早く泳げるようになっても川の下流から上流に泳ぎきることはできません。
流れを読む。そして味方につける。

今日1日の学びをブログやYouTubeで発信を続けるようになると自己のインプットが進むと同時に他者貢献、パーソナルブランディング、さらには収益化に進みシナジーでさらなるビジネスや収益をうむわけです。

昔の人、ごめんなさい!
今この瞬間に社会人してるボクらの特権!

これを使わない手があるでしょうか?

SNSにとにかく宣言や発言

最近は上場企業でも面接で
「あなたのSNSを拝見させてください。」

なるものがオーソドックスになってきました。

紙ペラ1枚の履歴書見るよりその人の数年が映し出されるSNSの方がよほど面接のツールとして適しています。

信用の時代と言われるようになって久しくなりました。
今や信用とはSNSアカウントでのフォロワー数です。

「SNSはプライベートだから見せれません。」

面接でそういうのはあなたの自由です。

ですがそれは平成の日本で病院を受信する時に
「保険証はプライベートだから見せれません。」

ということくらい滑稽な姿として時代遅れの浦島太郎である事の認識とそれによって失うものは覚悟しておいたほうがいいでしょう。

今この瞬間からSNSでは自身の知識や幸福、努力など価値観や考え方を発信すればいいんです。

自分専用のアルバムは自宅においておくとしてSNSはそもそも世界と繋がるために生まれたものですからこれを利用しながら開示できないというのは本来なんとも滑稽な話。

ここまで読み進めて違和感を感じる人も5年後にはすっかりそんな世界に浸っている事でしょう。

SNSでの発信のポイントは
相手に何を伝えたいか?
ここをしっかり把握して発信する事。

いかがでしょうか。
今回の記事をまとめると

時間には生産・非生産の2種類ある
1度会った人はSNSで繋がる
学んんだことをブログやYouTubeに書く
SNSにとにかく宣言や発信

ということでお伝えさせて頂きました。

次回はさらにスキルアップしていくための圧倒的マインドセットについて書きます。

「誰かを幸せにしたい。」なんてのはうわべのやつの言葉。
そんなテーマです。

続きの記事はこちら

「誰かのために!」は危険かもよ?もっと自分のために生きよう令和に必要なこれまでと逆のマインド どうも虎徹社長です。 誰かのためになることしたい。 こんな考えって誰もが共感できる...
ホワイトカラーの大リストラ時代の到来どうも、虎徹社長です。 実は1ヶ月ほど前に衝撃的な出会いをしました。 モテ期到来の出世学をより加速できるものです。 それが竹花...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です