起業のこと

30歳で1億稼いだボクが20代に伝える絶対にやるべき4つの事

20代のボクに伝えたい事

 

どうも虎徹社長です。
先日40歳になりました。

 

 

26歳で起業して15年。
ボクは30歳の頃に年商1億を超えました。

 

 

現在はそこから数倍になっていますがもし20代のボクにアドバイスできるならもっと早く、そしてもっとでっかくなれたであろうアドバイスをしたいと思います。

 

20代で1億稼ぐ為に今のうちにやっておきたい4つのこと

 

①専門分野で尖る
②読書の習慣をもつ
③人に会いまくる
④与えまくる

 

はい、今日の記事は以上です!

ということで詳しく知りたい方はこのままボクと一緒に読み進めて行きましょう

 

専門分野で尖る

 

社会人になりたての頃は誰でもまず専門性の高い仕事から入ります。
飲食でも不動産でも美容でもエンジニアでも一緒ですね。

 

何かしら現場の最前線というのはそういうもの。

 

ボクがここで伝えたいのがまず自分のいる分野で圧倒的に頭角を表すということ。

 

 

結果が全て。という言葉が全て。

実績がいる。

 

いくら内容に優れていようが期待されていようが結果がないなら何者にもなれない。
たとえ正論であっても通らない。

 

 

ある選手が念願のプロ野球界入りしました。
しかし5年経っても1軍経験なし。

そんな彼がチームの方針や練習の仕方に異論を唱えたところで誰も聞かない。
まず1軍で活躍してみろや。以上。

 

 

美容部員でも治療家でも営業でもなんでも一緒。
会社のやり方や上司の在り方に異論唱える前に結果を出せって話。

 

 

1万時間の法則というのがあります。
誰でもなんの分野でも1万時間くらいやればそこそこ頭角表せるよって。

 

 

それくらいの努力も結果も出したことのないやつの意見なんか誰も聞かない。

 

 

正論も聞いてくれないなんて理不尽?
世の中はお花畑じゃない。

 

平等とか公平とか思ってる人ほど会社や国に依存して守ってもらえると勘違いしてるタイプ。

 

 

自分の身は自分で守ること。
自分のスキルつけてその狭い分野くらいさっさと頭角表そう。

 

できるできないは1万時間やってから考えよう。

 

読書の習慣をもつ

 

 

読書は地頭を鍛えてくれる。

地頭とはスポーツでいう運動神経みたいなもの。

 

 

日本人の平均勉強時間は1日わずか6分。

 

 

読書で1日に1時間でも勉強する習慣がつけばそれだけで10人に1人の逸材になりやすい。

 

就労している生産人口は約6000万人。

そのうち上位10%といえば年収700万クラスに入る。

 

 

20代のうちからがっつり読書の習慣持っておきなよ。

 

本は苦手だしそこまでしたくない?
だったら年収200万円代の人生を受け入れなよ。

 

 

やるかやらないか。

何を得て何を失うかは自分で決めればいい。

 

 

人に会いまくる

 

 

ヒト・モノ・カネ・情報。
その全てを運んでくれるのはいつだって人から。

 

だから自分のことを知っている人をたくさん作るといい。

 

 

友達や飲みにいく人をたくさん作る必要はない。
一度出会った人とはSNSで繋がればいい

 

SNSは若者のおもちゃなんて思ってたらいけない。

 

 

今やSNSのフォロワー数はその人の信用のバロメーター。

 

 

大企業でも近年面接にSNSの開示を求めるところも出てきている。
初対面の人間と1時間話すよりその人のアカウント10分覗く方が人間性わかるよね。

 

 

人に会いまくること。
そしてあった人とは名刺交換なんかどうでもいいからSNSで繋がること。

 

 

 

そしてSNSはコツコツ更新すること。

 

次にその人と会うのが2年後として

 

「お久しぶりですね!でもいつも見てるので全くそんな気がしません。
お会いしたら相談しようと思っていたことがあるんですよ

 

 

こんな感じで自然と仕事に繋がるなんて最高じゃない?

 

 

だから自己満みたいな投稿するんじゃなくて見てる人に有益な情報やあなたの
ブランド、価値が上がるような投稿を意識すればいい。

 

 

それじゃあ堅苦しい?
だから遊びじゃないって言ってんの。

 

SNSはあなたの本業と同じくらい真剣に向き合うもの。

 

 

与えまくる

 

 

勉強させてください。
教えてください。
こんなのが評価されたのは平成まで。

 

 

令和はこれじゃだめ。
とにかく縁した人には与えまくる。

 

自分には与えるようなものは何もない?
そんなことない。

 

だったらまずはこう考えてみたらどうだろう。

 

とにかく今日1日関わった人には
あなたと会えてよかったと思ってもらう関わりを心がける。

 

 

友人や職場の仲間はもちろんのことカフェや居酒屋にお客で言った時ですら店員さんに「すごく感じの良いお客さんだな」って感じてもらうにはどんな振る舞いが大切か?

こんなことズーーっと考えてると本当に他人にとって魅力的なあなたになる。

 

 

単に能力や稼ぎがあるとかではない。

むしろそんな人の中には無意識かもしれないけど人を不快にさせてる人もたくさんいる。

 

 

人は必ず身近な人の影響を受ける。
あなたも人に影響を与えている。

 

 

プラスにもマイナスにもね。
だからせめて意識してみる。
こうすることで出会う人出会う人がみんなあなたの協力者になる。

 

 

①専門分野で尖る
②読書の習慣をもつ
③人に会いまくる
④与えまくる

 

 

これを実践できればあなたは確実に1億の壁を突破できる。

だってみんなやってないもん。

生まれ持っての能力が関係あるのかどうかは知らんけどボクの周りのこの領域を超えた人たちはきっちりこれらに該当する。

 

 

人は何かを得れば何かを失う。
行動するには時間など犠牲にしないといけないことも出てくる。
何を手放すか。何を得るのかは全部あなた次第。

 

 

20代の自分に伝えたい4つのことでした。

 

この記事の続きは

 

仕事はそのままで手取りを25%増やす方法教えます 手取り額を25%増やす方法教えます どうも虎徹社長です。 コロナの影響もあり東京では結構大きめの...

 

 

コロナ自粛で家にいることが長くなる今やっておきたいこと 本を読まない人は敗者で終わる どうも虎徹社長です。 ブログを初めて間も無く1ヶ月が経とうとしています。 ...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です