リーダーの条件

出世する人はまず行動する

とにかくやってみようぜ

 

 

 

 

 

どうも虎徹社長です。

日曜日はゆるっとボクの考えとかを発信しますね。

 

 

 

 

 

昨日、一昨日と立て続けにインスタライブをしました。
普段から仲良くさせてもらってる社長とコラボです。

 

 

 

 

 

またこのブログを開設して1ヶ月半が経ちました。
ボクはこのブログやYouTubeの目的を

 

 

社会人の出世・挑戦・起業を応援する

 

 

 

 

と、決めています。

まあ一番読んで欲しいのは子供や社員たちかな。

 

 

 

で、それならボク自体が出世、挑戦し続けていないとダメですよね。

 

 

 

 

 

で新しいことを始めるときにいつも思うことがあります。
まずやってみること。
壁がきたらそのことをリサーチしていかに超えるかを模索すればいい。

 

 

 

 

 

インスタもツイッターもYouTubeもブログもわけわからんところからスタートしました。

 

 

 

未だにわけわからんこといっぱいある。
その度に調べたり聞いたりする。

 

 

 

多くの人はこの当たり前のことをやっていないように感じます。

 

 

 

 

「どう始めたらいいですか?」
「始め方わからないんです。」
ほんで聞いているわけです。
「やってはいるんですか?」
「いえ、まだです。」

 

 

自転車の乗り方を説明書見たり人に聞いたりする前にまずまたがってハンドル握ってみなよ。

 

 

そしたらリアルに壁がくる。

 

 

 

 

多くの人は壁の意味合いが自分にはできないことの証明のように映ってる。

 

 

 

何かを成し遂げる人は壁を成功のための課題と捉えてる。

 

 

 

 

 

ボクにとってオンラインはよくわからん、ってのがめっちゃ大きい壁でした。

でも自分にこう問いかけたんです。

 

 

 

 

 

「俺はあと50年、オンラインはようわからん。」
って言いながら生きていくのか?

 

 

 

 

嫌すぎる〜!

というわけで全部やってみてるわけです。

 

 

 

昨日はブログを収益化するには?
みたいなんさっぱりわからんけどとにかくググってYouTube見てやってみたわけです。
そしたら8割は前に進んだよ。

 

 

 

 

 

めんどくさかったけどね。

でも知識と経験と小さな成功体験を積んだ。

 

 

 

 

 

地味でちっちゃいことやけど人生はこれの積み重ねだと思う。
二日連続インスタライブやったけど自分でどう始めるのかは未だにわからない。

 

 

これボクの壁。しょぼい壁!笑
それくらいSNS音痴。

 

 

 

 

でもここでインスタようわからん。って投げ出すのは簡単だけどこのヤロー!の精神で食らいつくわけですね。
ほんならなんとなくうまく行ったりするわけですよ。

 

 

 

昔のボクは闇雲に勉強してました。

 

 

 

 

 

いつか役にたつかもしれなさそうな事をひたすら学ぶ学ぶ学ぶ。
ひたすら学んできたからはっきり言える。

 

 

それって意味ない。

 

 

 

 

 

挑戦していると何かしら壁にぶつかる。
その事を学べばいい。

 

 

英会話もいきなり学校いくからみんな続かない。
先に海外行って「この輪の中で俺も喋りたい!」とかって悔しい思いしてからの方がよほど力が入る。

 

 

 

 

挑戦を続けている人は
「何の本読んだらいいですか?」とか言わない。

 

 

本気で外国人の恋人欲しいと思ったらやるでしょ。

 

 

 

 

 

ボクはコロナがなければ6月にはフィリピンのセブ島で出店する予定でした。
だから英語を磨く必要があった。
そういう状況下で学ぶ英語には貪欲になります。

 

 

 

また普通に東南アジア行き来できるようになったらやるけどね。

 

 

 

上に伸びれない時は地中深く根を張る時期です。
そう考えて今は社長業の傍らオンラインの勉強してます。

 

 

 

 

信用の時代ってのは個人の信用が試される時代。
これは数値化されている。
SNSでのフォロワー数や登録者数。
戦闘民族サイヤ人の戦闘力みたいなものが今やフォロワー数。

 

 

 

 

ボクは会社を経営させてもらっているトップとしてこの信用を構築することは社長業の中でも重要なものの一つだと定義しています。

 

 

 

 

 

マネジメントの巨匠、ピータードラッカーはこんな言葉を残しています。

 

「ビジネスは顧客の創造から始まる」

 

 

令和風にいうとまず人を集めれる人間になってからビジネスを起こせ。

 

 

 

 

 

SNSは人を集める事を平等にした。

大企業の特権ではなくなったわけ。

 

 

 

 

上に伸びれない時は地中深く根を張ろう。
コロナで大変な時でもやれることはたくさんある。

 

 

 

社内でもコロナ対策メニュー作ってSNSで告知したりインスタライブで健康ライブしたりSNSでの繋がりを強化したりとやっている。
新しい組織図を構築したり収支計画やツールの作成、士業の先生方との連携。

 

恥ずかしくてホントは言いたくなかった事、自己開示します。 今更人に言えない恥ずかしい過去と未来への展望を公開 どうも、虎徹社長です。 ...

 

 

 

もちろん売上は減少していますが経費を圧縮して人事を調整し活用させていただける助成金は活用していかに損失を最小限に抑えるかは動けることがたくさんある。
ただ売上が上がった減ったの世界では経営はおぼつかない。

 

 

そうだ。雇用助成金は経営者は絶対に知っておくべきなので初級編の動画作ったのでどうぞ。

 

 

 

 

今日も素敵な1日を。
また明日!
バイバイ!

 

自己破産したらどうなるの?そんな不安を取る記事。 自己破産したらどうなるんか どうも虎徹社長です。 コロナの情報爽やかに錯綜してますね。 ...
エガちゃんでもできる!マーケティングの秘訣 二歩先を読む共感の作り方 どうも虎徹社長です。 前回の記事なかなかの反響いただきました。 反感も頂きま...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です