マーケティング

コロナで行動制限されてる今、絶対にやるべきSNSとは?

お客様との接点はInstagramが適している

 

 

 

どうも。虎徹社長です。

 

ボクのメインの事業は治療院の経営でそれらは全て三重県にあります。
昨夜三重でも本格的な休業要請が発令されました。
びっくりしたのは大阪と違いほぼ100%に近いレベルでそれが遵守されている事。
ある社長と食事に行く予定だったのですが本当にどこも開いてないんんです。

 

 

という事で断念。

 

 

ってそれはいいんですけれども本格的にコロナでの経済ストップの余波が東京大阪レベルで来る事を想定しておかないと。
と、いうのがついに日本全国に広がりました。
という事で余計にオンライン上での仕事が極めて重要になります。

 

 

 

SNS比較

 

 

では顧客の囲い込みには何がで適しているのでしょうか。

facebook、LINE、YouTube。Twitter、Instagram。

それぞれ見ていきましょう。

 

 

facebook

 

友達になっても投稿が相手に表示されにくい。
メッセンジャーが別アプリになっていて使いにくい。
ストーリーは他と比較したときに見られにくい。

 

 

LINE

 

狙った層への一斉配信が可能。
利用者が多い。
通知が多いと煙たがられる。
最初の登録のハードルが高い。
一定数からは有料になる。

YouTube

 

動画はGOOD。
双方向の個人やりとりができない。
URLで他のSNSと組み合わせるもの。

 

 

Twitter

 

配信文字数に制限がある。

 

 

Instagram

 

LINEの強みである個人間のやりとりはDMで可能。
フォローへの心理的な敷居が低い。
ストーリーズでザイオンスが取れる。
無料。

 

 

まとめ

 

既存顧客との接点でいうと圧倒的Instagramが強い。

という事でコロナで来店型の店舗ビジネスはオフラインでの仕事が減っている分はオンライン、とりわけInstagramの運用に力を入れるべき。

 

 

 

 

フォローの敷居の低さ

 

Instagramは鍵アカウントといって自分が許可した人だけに公開する設定にしている人も中にはいます。

ですが問題ありません。

こちらからフォローする必要はなく相手からフォローされていれば投稿やストーリーズを見てもらえます。

ですからLINE@やfacebookよりよほど気軽にフォローしてもらいやすいと言えます。

 

 

InstagramのDM

 

もはやLINEと変わらないクオリティになっています。

 

そしてLINEより優れている点はDM上でやりとりしている人はインスタのアルゴリズムが親しい間柄だと判断してくれます。
そうするとストーリーズが投稿が優先的に相手の上位に上がってきます。

 

LINEでもインスタでもどちらでもやりとりできるインフラがあるなら100%インスタのDMを活用した方が一石二鳥でお得です。

 

 

投稿

 

プロフィールのページでの見やすさを意識するとGOOD。

LINEの投稿はプッシュ通知。
インスタはプル。

この違いはとても大きいので詳しく解説します。

 

LINEは誰かからメッセージが来るとスマホの画面上に数字で通知が来ます。
ボクたちはアプリを開く事なく誰かからメッセージが来た事を知ることができます。

これがプッシュ型。
「おーい、誰か来てるからアプリ開いてみなよ」
って言われてるわけ。

これが友達とのコミュニケーションなら全く問題ないですが今日は顧客との関わりについて。

 

 

そうなると無理やり見せられたものが広告や告知の臭いのするものばかりだったら嫌になりません?

それでなくても人は心理的に見ろと言われると見たくない。
見てはダメと言われると見たくなるもの。

インスタはプル型。
投稿してもストーリーズ配信してもプッシュ通知はいきません。

その上自然と何度も見てもらいやすい。

 

 

ザイオンス効果

 

ザイオンス効果とは単純接触回数の多い人に交換をもつ。という心理です。

 

ここでいうと投稿やストーリーズをたくさん見ていると自然と親近感を持ってもらえるということ。

 

 

しかも前述の通りプッシュ通知ではないのでユーザーは強制的に見せられている感がありません。
LINEのメッセージ配信では同じようにザイオンスを狙うことができますがプッシュ通知のため投稿が多いとブロックされてしまう可能性が高い上に一定数を超えると有料になります。

 

Instagramを運用しよう

 

という事でインスタは現在、もっとも来店型店舗ビジネスの顧客囲い込みに適しています。

 

 

またフリーで活躍している人のブランディングにも力を発揮します。
最近ではインスタライブでリアルタイムの配信も可能に。

コロナでオフラインでの仕事が減った今、力を入れるべきはオンライン。
上に伸びれない時は地中深く根をはろう。

 

今Instagramをうまく活用しておけば経済が回り出したときに大きな力となることは必須。

 

 

では今日も素敵な1日を。

また明日!
バイバイ!

 

コロナで先行きが不安な人に贈る、厳しめの記事。 緊急事態宣言が全国に。 先が見えない不安を感じてる人へ。 どうも虎徹社長です。 ボクは記事で人のモ...
融資を受けた後、もし返済することが困難になってきたら。 借り入れしたお金の返済が難しくなってきたら どうも虎徹社長です。 前回の記事は大反響で1日で約2000人の方々に読ん...
恥ずかしくてホントは言いたくなかった事、自己開示します。 今更人に言えない恥ずかしい過去と未来への展望を公開 どうも、虎徹社長です。 ...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です